イベントやパーティにも人気の紙袋

   

一言で紙袋と言っても紙の質や表面の加工だけでもクラフト・コート紙・キャストコート紙・PPラミネート加工など沢山の種類がありますし、手提げ部分の紐もプラスチック製のハッピータックというタイプから、PPヒモ・丸ヒモ・紙ヒモ・OFJ加工、そして紐を付けない小判穴手さげタイプなど組み合わせによってはカジュアルな物からラグジュアリーなタイプまで作る事が出来ます。他にもオフセット印刷やホットスタンプ、フレキソ印刷などの印刷方法を使い分ける事で高級感を出したり、デザインを強調させたりもできますので予算や用途に応じて紙質・ヒモ・印刷方法を選ぶと良いでしょう。また専門業者に依頼するとこれだけではなくサイズも用途に合わせて作れます。

ポピュラーな紐の種類と形状、用途

紙袋に使われる紐の中でも一番安価で一般的なのがPPヒモと呼ばれるタイプです。この種類はよく荷造りや家庭園芸・手芸などでも使われるポリプロピレン製で作られ、寄ったロープ状と平たい物がありますが、通常は寄ったロープタイプを使用します。色は白が多く、他にもブラウン系、ピンク系、ベージュ系、ブルー系、イエロー系等太さによってカラーバリエーションが豊富なのが特徴です。またPPヒモよりも多少高価ですがよく使用されるのが、アクリルスピンドルと呼ばれるアクリル布で作られた種類で、こちらは巾着袋にも使われ、ソフトな手触りなのが特徴です。カラーも100種類以上あります。この2つのタイプはいずれも紙の加工によっては雨に強く強度も出ますので凡庸ヒモとして人気があります。

より高級感を出したり強度を上げたい場合の紐

より高級感を出したり強度を上げたい場合にお勧めの紐の1つがハッピータックです。こちらは樹脂製の持ち手なので台紙が入った底と組み合わせるとビール缶パックの持ち手にも使われるくらい重さや雨風に強く、口を閉じられるという利便性があります。ですから飲料を入れる袋はもちろん、駅や空港のお土産袋にも使用されています。また袋のデザインにこだわり高級感を出したい場合一番人気があるのがエクセルフィラメントというヒモです。このエクセルフィラメントはPPヒモと同じポリプロピレンで作られているのにも関わらず絹のような光沢が出て高級なブランドの袋や時計・ジュエリーのお持ち帰り袋にも使用されています。さらにPPヒモと同じように雨や重さにも強いので、ギフト用のワインボトル用の袋にも人気があるタイプです。

通販でオリジナルで安い紙袋はいかがですか? 365日電話対応可能です。営業時間は、8:30~19:00です。 東京、大阪には営業アドバイザーが訪問もいたします。 弊社は、様々な包装品等への印刷を行っている会社であり、他社との違いは、紙袋やビニール袋からうちわまで、様々なものに印刷できる技術です。 フリーダイヤルにて、親切丁寧に電話対応をいたします。ご不明な点はお気軽にお電話ください。 オリジナルの紙袋を作るなら、YAMAGENにお任せを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

オーダーメイドから既製品まで小ロットから作れる紙袋

お客様に大切な商品を入れて渡すときに必須アイテムなのが紙袋です。最近ではただ、便利に丈夫な袋というだけではなく、デザイン性も重要視されるようになり、またエコの面もポイントになってきています。いろいろな...

紙袋に店舗のロゴを入れるメリット

店舗にとって集客率を上げるということは何よりも大事なことだと言えます。いくら良いものを低価格で売っていたとしても、店のことを知ってもらえず来てもらえなければ売れないからです。ただ、集客というのはかなり...

人気の紙袋に使われる素材とその用途

紙袋はデザイン性を持たせることで企業のイメージを表現したり、パーティなどのイベント時やギフトでも一工夫するだけでゲストが喜ぶアイテムになります。また市販の物ではいまいち納得がいかない方にはオリジナルの...

オリジナルの紙袋は広告効果抜群

お店や会社、イベントなどを広く知ってもらうために、オリジナルのアイテムを作成するという方法があります。その際、紙袋はとてもメリットの多い選択肢ということができます。何故なら、人がそれを持って歩きますか...