人気の紙袋に使われる素材とその用途

   

紙袋はデザイン性を持たせることで企業のイメージを表現したり、パーティなどのイベント時やギフトでも一工夫するだけでゲストが喜ぶアイテムになります。また市販の物ではいまいち納得がいかない方にはオリジナルの物を専門で作ってくれる業者も多く、さらにはプレゼント用に自作する方も増えています。よく使用される人気紙質としては、クラフト紙やコート紙がありますが、クラフト紙はカジュアルな雰囲気と紙の風合いを生かしたい場合によく使われ、コート紙は中に重い物を入れたり高級感を持たせたい場合に重宝されます。そして、これらの紙質と紐を組み合わせる事で水や重さに強く、ナチュラルな雰囲気からラグジュアリーな雰囲気まで様々な表現が可能です。

未晒しクラフト紙と晒しクラフト紙の特徴

まずお安くもっともポピュラーな紙質としてクラフト紙がありますが、中でも一番コスト的に安く作れるのが茶色いナチュラルな未晒しクラフト紙です。使用される場面としては、雑貨やさんや自然食品のお店、オーガニック素材などのアパレル店等、漂白されていない自然な雰囲気を出す場合に使いやすい紙です。一般的に使われる厚みは120gの物、大きな袋だと150gを使用するパターンが多いです。そして同じクラフト紙でも、別名白色クラフト紙と呼ばれるのが晒しクラフト紙です。こちらはデパートの紙袋や包装紙でもおなじみの紙質で、未晒しよりも表面が白いので印刷の際に色が出やすくイメージを表現しやすい紙です。ただし、漂白をしている分多少強度は落ちるため、印刷後ニス引き加工をお勧めします。

一番人気の素材コート紙の特徴と用途

コート紙は身の回りにある物の多くに使用されている素材です。例えばカレンダーやポスター、パンフレットなどの印刷物などですが、光沢があって高級感を出せる上にイラストや写真もはっきりとキレイに印刷できるので様々な場面で人気の紙質です。ですから紙袋に使用する際は会社説明会用・ブライダル用・ギフトによく使われ、同じく高級感のある紐と合わせる事でさらにラグジュアリーな雰囲気を演出できます。そんなコート紙にはコート剤の量や加工方法によって表面の質感を変える事でマットタイプ・アート紙・ミラーコート紙・キャストコート紙といった沢山の種類が作られ、コート加工と上からPP加工する事で強度が増し、重さがある荷物を入れるのにも適しています。ただし、クラフト紙と比べ若干お値段が高くなるというデメリットもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

オーダーメイドから既製品まで小ロットから作れる紙袋

お客様に大切な商品を入れて渡すときに必須アイテムなのが紙袋です。最近ではただ、便利に丈夫な袋というだけではなく、デザイン性も重要視されるようになり、またエコの面もポイントになってきています。いろいろな...

紙袋に店舗のロゴを入れるメリット

店舗にとって集客率を上げるということは何よりも大事なことだと言えます。いくら良いものを低価格で売っていたとしても、店のことを知ってもらえず来てもらえなければ売れないからです。ただ、集客というのはかなり...

人気の紙袋に使われる素材とその用途

紙袋はデザイン性を持たせることで企業のイメージを表現したり、パーティなどのイベント時やギフトでも一工夫するだけでゲストが喜ぶアイテムになります。また市販の物ではいまいち納得がいかない方にはオリジナルの...

オリジナルの紙袋は広告効果抜群

お店や会社、イベントなどを広く知ってもらうために、オリジナルのアイテムを作成するという方法があります。その際、紙袋はとてもメリットの多い選択肢ということができます。何故なら、人がそれを持って歩きますか...